SDGsへの取り組み

social impact PRのSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

外務省 JAPAN SDGs Action Platformより)

事業概要

social impact PRは、「PRのチカラで社会にインパクトを。」をミッションとし、ソーシャル・ビジネスをはじめとした、社会的課題を解決する事業に取り組む小規模事業者のみなさまを、広報PRの側面から支援しております。

中小企業はすばらしい技術や商品・サービスを持っているのに、世の中に知られているのはごくわずかです。また、中小企業は地元の雇用を生むという点やその商品・サービスでSDGsにも貢献しているものの、発信の仕方がわからない、また発信できる人がいないという悩みを多く抱えています。SDGsに貢献している良い商品・サービスがもっとPRの力で認知度をあげることで、より良い社会の実現にもつなげていきます。

経済


  • ・SDGsに貢献している商品・サービス等をPR手法を用いて認知度をあげることで、その商品・サービス等のシェア拡大や売上拡大に貢献し、持続可能な社会づくりに貢献します。

  • ・地域の雇用を生み出す中小企業の経営力向上を支援することで、地域で働くことができる環境づくりに貢献します。

社会


  • ・健康経営を促進する企業の経営支援に伴走することで、健康経営を実施する地域の中小企業を増やします

  • ・地域貢献活動に取り組む中小企業の経営支援をすることで、企業と地域のつながりづくりに貢献します。

  • ・女性の活躍促進に取り組む中小企業の経営支援をすることで、地域の中小企業からジェンダー平等を広げていくことに貢献します。

環境


  • ・SDGsに取り組みたい飲食店等を支援することで、持続可能な社会づくりにつながる取り組みを積極的にPRし、このような取り組みをさらに広げていくことに貢献します。

  • ・様々な中小企業に診断士という立場で関わることから、中小企業同士のパートナーシップ促進に寄与することで、SDGsの取り組みを拡大させていくことに貢献します。